厚真産ハスカップって何?

皆様、こんにちは!
今日はそもそも「厚真産ハスカップ」って何?について書かせていただきます。
諸説色々有りですが、私は厚真町観光協会様、厚真町厚真産ハスカップブランド化推進協議会様の発表をに基づく資料から解説させていただきます。

ハスカップってどんな果実?

ハスカップは和名「クロノミウグイスカグラ」と「ケヨノミ」というスイカズラ科の小果樹(落葉低木)の総称です。 木は冷涼な自然環境の中でたくさんの果実をつけるため地面からすぐに分かれて多くの枝となって成長します。

ハスカップ農園

5月中旬になると小さな黄色い花が咲きはじめ、6月上旬まで続きます。開花後30日程度で果実は色づきはじめ、6月下旬から7月下旬には美味しく成熟します。果実の大きさは通常1~1.5㎝、ですが厚真町では2㎝を超える栽培品種が選択されています。

ハスカップの実

皮は薄く、生でそのまま食べられます。種もごく小さく気にならないのが特徴です。味は全般に甘酸っぱいですが、厚真町では甘味の強い美味しいものを生食用に栽培しています。

今日はここまでとさせていただきます。
次回もハスカップについてを詳しく書かせていただこうと思います。
読んでいただき、ありがとうございます!!
持続可能な復興支援を目指して!!

送料無料、初回限定お試しあります!
櫻井商店 昆布酢極
https://sakurai-s.jp/

最新情報をチェックしよう!

ハスカップについての最新記事8件

>櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店の店長は、実は厚真町に在住しており、震災の被災者でもあります。まだまだ震災の爪痕が残る厚真町に対して当店も何か力になれることはないかを模索しているところです。今後も、よりお客様に喜んでいただける新商品であることはもちろん、被災地で頑張る生産者の方の希望になれるようなネットショップを目指してまいりますので、あたたかいご声援を宜しくお願い致します。

CTR IMG