ハスカップは北海道が自生地?

皆様、こんにちは!
今日はハスカップの自生地について書かせていただきます。
新しい1週間の始まりですね!はりきってまいりましょう!
それでは、是非ご覧ください!

■自然環境の条件は北海道がピッタリ

もともとシベリアからの渡り鳥によって持ち運ばれたハスカップは、北海道の勇払平野に自生しています。シベリアのように厳しい気候条件のもとに自生する植物のため、本州では高山植物という取り扱いとなり、なかなか自生できる自然環境の場所を見つけることは難しいのです。北海道においても、ハスカップが自然に自生できる自生地の条件は厳しいため、北海道ならどこでも自生地となるわけではありません。ハスカップの歴史の中では、勇払原野から苫小牧、千歳などにかけて広い一体に自生していましたが、現在ではごく限られた地域でのみ自生しています。

■高山植物だから山岳地帯でも自生可能

本州から南の地域では、ハスカップが自生している平地はありません。北海道においても、平地で自生しているのは全国でも勇払原野だけです。その他には釧路湿原などの湿原地帯とか別海町の周辺などに自生しています。ハスカップは高山植物のため、厳しい気候条件を好む傾向があり、北海道の高山地帯では本州よりも多くの山が自生地となっています。例えば高山から亜高山にかけての地域では多くハスカップを見ることができ、その中でも大雪山や知床などでは、広くハスカップが自生しています。ただし、こうした高山地帯のハスカップが私たちの食卓などへ届くことはほとんどなく、流通されているハスカップのほとんどは、北海道の勇払原野で栽培されているものです。

今日はここまでとさせていただきます。
読んでいただき、ありがとうございます!!
持続可能な復興支援を目指して!!
#ATSUMA LOVERS
#atsumalovers

送料無料、初回限定お試しあります!
櫻井商店 昆布酢極
https://sakurai-s.jp/

最新情報をチェックしよう!

ハスカップについての最新記事8件

>櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店の店長は、実は厚真町に在住しており、震災の被災者でもあります。まだまだ震災の爪痕が残る厚真町に対して当店も何か力になれることはないかを模索しているところです。今後も、よりお客様に喜んでいただける新商品であることはもちろん、被災地で頑張る生産者の方の希望になれるようなネットショップを目指してまいりますので、あたたかいご声援を宜しくお願い致します。

CTR IMG