おいしくて体にいい!レーズン昆布酢について

皆様 こんにちは!

今日はレーズン昆布酢の記事について、調べてみました!
レーズン昆布酢とは、酢にレーズンと昆布を加えたヘルシー新調味料。
以下、ご覧ください。

『NHKきょうの料理』放送60周年記念として、料理研究家の井澤由美子(いざわ・ゆみこ)さんと『NHKきょうの料理』テキスト編集部が考案して誕生しました。

「もう、これ以上の傑作はない!」という意味を込めて「クライマック酢(す)」という名称で紹介したところ、予想以上に大きな反響をいただきました。

「早速つくってみました」「料理がおいしくなった」「体にいいと実感しています」といううれしい声が続々と届き、さらに「もっと使いこなせるようになりたい!」「活用レシピが知りたい、レパートリーを広げたい!」というご要望もたくさん寄せられました。

そこで、レーズン昆布酢を使った料理のレシピ集『甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ』を緊急発売! 人気のドリンクから野菜たっぷりの副菜、肉や野菜の定番料理まで全80品ものヘルシーレシピを収録しています。

レーズン昆布酢の材料はいずれも、健康効果が大いに期待できる食品。特に、酢にはさまざまな効能があるといわれ、生活習慣病の予防・改善のために、毎日大さじ1〜2をとることが推奨されています。摂取をやめると効力を失いやすいので、毎日継続することが健康維持の秘けつです。

レーズン昆布酢は、レーズンのやさしい甘みと昆布のうまみで酸味がまろやか。酸っぱいのが苦手な人でもとりやすいので、日々の料理に積極的に活用して、健やかな“レーズン昆布酢ライフ”を送りましょう!

健康にも料理にも大いに役立つ! レーズン昆布酢のつくり方

レーズン昆布酢は、レーズンのナチュラルな甘みと昆布のうまみが溶け込んだ、柔らかな酸味で芳醇(じゅん)な風味が楽しめる万能酢。いつもの酢のかわりにドレッシングや酢の物に使えば、味も香りもワンランクアップした仕上がりに!

煮物や炒め物などの加熱調理に加えると、キリッとしたコクが出て、深みのある洗練された味わいに仕上がります。材料もつくり方も、至ってシンプル。つくりおきできる合わせ酢として、手軽に活用してください。

米酢にレーズンと昆布を入れるだけ!

清潔な保存瓶にレーズン100gと昆布30〜40g(瓶に合わせて適宜切る)を入れて米酢(またはりんご酢)500mlを注ぐ。酢が具材に完全にかぶる状態にして常温に3日〜1週間おき、なじませる。3日後から使えるが、1週間たってよくなじんでからがおいしい。

◎保存→酢が具材に完全にかぶる状態で、日の当たらない涼しい場所で約半年間。酢が少なくなったら、つぎ足して使える。

◎活用→酢がベースの料理に、いつもの料理の隠し味に。肉や魚介料理に使うとくせが抑えられて身が柔らかくなる。レーズンと昆布も料理に活用できるのはもちろん、そのままおやつにも。

送料無料、初回限定お試しあります!
櫻井商店 昆布酢極
https://sakurai-s.jp/

最新情報をチェックしよう!
>櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店の店長は、実は厚真町に在住しており、震災の被災者でもあります。まだまだ震災の爪痕が残る厚真町に対して当店も何か力になれることはないかを模索しているところです。今後も、よりお客様に喜んでいただける新商品であることはもちろん、被災地で頑張る生産者の方の希望になれるようなネットショップを目指してまいりますので、あたたかいご声援を宜しくお願い致します。

CTR IMG