ハスカップ名前の由来は?

皆様、こんにちは!
今日はハスカップ名前の由来について書かせていただきます。
是非ご覧ください!

■正式名はクロミノウグイスカグラ

ハスカップという植物は、スイカズラ科のスイカズラ属に分類される植物で、正式にはクロミノウグイスカグラという名前を持っています。しかし、名前が長すぎてなかなか覚えられないため、ハスカップと呼ばれるのが一般的ではないでしょうか。国内に流通しているハスカップのほとんどを生産している北海道でも、ハスカップという名前で呼ばれています。

ハスカップという名前は、クロミノウグイスカグラという正式名称を短くしたものではありません。名前の由来は何かご存知でしょうか?こ呼び方は、実は北海道で生活をしていたアイヌ族たちの言葉、アイヌ語に由来しています。アイヌ語では、「枝の上にたくさんなるもの」を「ハ シカプ」と呼んだり、「細長い実」を意味する「エノミタンネ」と呼んでいたのです。ハスカップの樹木は高さが1m~2m程度と低いので、木の上になっている果実というよりは、枝の上に果実がなっていると見えても不思議ではありませんし、果実はブルーベリーを細長くしたような形をしているため、細長い実と呼ばれていたのでしょう。

■ハスカップの名前で広く普及

北海道にはアイヌ族が広く生活していたわけですから、アイヌ族の人達が食べていた果実の名前の由来がアイヌ語から来たというのは、とても自然な流れではないでしょうか。現在では、全国各地にハスカップという名前のフルーツとして流通しています。名前の由来のことを知ると、北海道の歴史と結び付けて納得できる人は多いでしょう。

今日はここまでとさせていただきます。
読んでいただき、ありがとうございます!!
持続可能な復興支援を目指して!!
#ATSUMA LOVERS
#atsumalovers

送料無料、初回限定お試しあります!
櫻井商店 昆布酢極
https://sakurai-s.jp/

最新情報をチェックしよう!

ハスカップについての最新記事8件

>櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店の店長は、実は厚真町に在住しており、震災の被災者でもあります。まだまだ震災の爪痕が残る厚真町に対して当店も何か力になれることはないかを模索しているところです。今後も、よりお客様に喜んでいただける新商品であることはもちろん、被災地で頑張る生産者の方の希望になれるようなネットショップを目指してまいりますので、あたたかいご声援を宜しくお願い致します。

CTR IMG