ハスカップ作付面積日本一の厚真町

皆様 こんにちは!
今日はハスカップの作付け面積日本一の厚真町についてです。
ハスカップは、今後も大注目の北海道厚真町の宝です!

■町内にはハスカップ農家が100軒以上

北海道の厚真町(あつまちょう)は、ハスカップの策付け面積は日本ナンバーワンと言われています。町内にはハスカップを栽培している農家が100軒以上もあり、その中にはハスカップ狩りなどとして一般市民に開放している農家もたくさんあります。ハスカップは収穫時期がとても短く、6月下旬ぐらいからわずか数週間という期間しか生食することはできません。もしもフルーツとしてのハスカップを生食したい人は、この収穫時期にタイミングを合わせて、作付面積日本一の厚真町へ足を運んでみてください。

■農業として成立させた農家の努力

ハスカップはもともと野生の植物で、果実は形こそブルーベリーと似ているものの、味は苦みや酸味が強く、なかなかフルーツとしては食べやすいものではありませんでした。それを生食できるまでに品種改良を重ねたのが、農家の努力です。厚真町でも野生だったハスカップの品種改良を重ねたうえ、現在ではハスカップ狩りをして生食できるまでの美味となりました。現在では厚真町における農家全体が品種を統一しているので、どの農家でハスカップをいただいても、品種が同じなので味に大きな違いはありません。

厚真町のハスカップは、2018年における北海道胆振東部地震の影響で、畑にも被害が出てしまいました。しかし現在は街をあげて復旧に努めているため、近い将来には再び町のあちこちでハスカップ狩りを楽しめる状態になることが期待されています。

【山口農園】

送料無料、初回限定お試しあります!
櫻井商店 昆布酢極
https://sakurai-s.jp/

最新情報をチェックしよう!
>櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店は胆振東部地震の被災地を応援します!

櫻井商店の店長は、実は厚真町に在住しており、震災の被災者でもあります。まだまだ震災の爪痕が残る厚真町に対して当店も何か力になれることはないかを模索しているところです。今後も、よりお客様に喜んでいただける新商品であることはもちろん、被災地で頑張る生産者の方の希望になれるようなネットショップを目指してまいりますので、あたたかいご声援を宜しくお願い致します。

CTR IMG